<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第13回YFT エントリーリスト発表

 第13回YFTのエントリー受付終了!!


 受付締め切りまでに、エントリー用紙が続々と届きました。すでにエントリーされている方はご存知の通り、今回も過去最多のエントリー数となりました。これもひとえに参加選手の皆様、各ボートキャプテンのご協力、ならびに応援していただいている協賛各社様のおかげです。ありがとうございます。

 大会当日まであと数日と迫っておりますが、ここでエントリーリストの公開と、各チームをご紹介させていただこうと思います。

 なお選手の皆様には、競技ルールをご確認、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
競技ルールはこちら

【参加選手の皆様へ】
 競技時間中、C&Rしたシーバスの叉長を審査用紙に記入していただく必要がありますので、各自で油性マジック等をご用意下さい(水性だとにじみます)。審査用紙は大会前にプリントアウトしてご持参下さい。
※万一忘れた場合は、若干数用意しているので、スタート前に実行委員へ声をかけてください。

f0140384_1916464.jpg






▼エントリーリスト▼(9月23日確定)


■エントリーNo./チーム名/選手名/ボート名/キャプテン名

No.1/SaltStriker/加藤選手/山本選手/ストライカー/柿澤CP
 このところハードラック続きの加藤選手、そんなことは知らぬ顔の半兵衛で大物を釣る山本選手というナイスコンビ(!?)のSaltStriker。ぜひとも優勝を!と願う強い思いを受け止めるのはストライカーの柿澤キャプテン。見事、ワン・ツーフィニッシュを飾れるか!?




No.2/ラストボイル/佐藤選手/宮崎選手/ベイワイズ/青山CP
 前回の第12回大会で健闘しつつも悔しい結果に終わった佐藤選手と、宮崎選手。今回は羽田のベイワイズから参戦。ベイハムスター軍団の一員として優勝を目指しての出場。青山CPが舵を握るベイワイズ号は250馬力エンジン搭載(!!)の超高速艇。一気に湾口まで行き、スーパーランカーキャッチとなるか!?




No.3/コミヤ&ナカバヤシ/小宮選手/中林選手/アイランドクルーズFC/家田CP
 YFTの新鋭、小宮選手は前々回の優勝者。今回は2度目の優勝を狙っての参戦。コンビを組むのは、2度目の参戦となる中林選手。キャプテンは「風の会」逆指名率ナンバー1の家田CP。ベイハムスター軍団の飛車角コンビとの化学反応で、どんな活躍をするか非常に楽しみなチーム。




No.4/フプレアデス/福嶋選手/プレアデス/堀江CP
 悲願の優勝に向けて静かに闘志を燃やす福嶋選手。過去の大会では何度か入賞するも、僅差で優勝を逃してきた。その悔しさをバネにさらなるステージを目指す。数よりも型を狙う作戦が得意な選手だけに、優勝に一番近いかも。プレアデスの堀江CPは東京湾シーバスガイドの超ベテラン。その経験則とフィッシングセンスで、福嶋選手を強力にバックアップする。




No.5/StrippingStrike/秋津選手/山之井選手/シークロ/岡本CP
 前回、初優勝を飾った秋津選手。同寸ながら、2匹目の叉長で2位となった山ノ井選手。互いにいいライバル関係を築いているチーム。果たして今回はどちらが勝利するのか? またまたワンツーフィニッシュとなるのか!? シークロ岡本CPは、このところの過密スケジュールで体力的に不安が残るものの(!?)、連続優勝へ向けてモチベーションは最高潮に達している。




No.6/No.6/Team I.B.S/岩井選手/加藤選手/ピーズ/葉多埜CP
 前回は不慮のエンジントラブルでリタイアとなったTeam I.B.S。ご存知、イワイミノー考案者の岩井選手。コンビを組むのは岩井選手とは学生時代からの付き合いと言う加藤選手。結果はさておき、大会の雰囲気を楽しめればいいという自然な姿勢が、逆に優勝を導きこむ可能性大! 二人の思いを受け止めるのはピーズの葉多埜キャプテン。神出鬼没でランカーを狙う!




No.7/チームマンティスS/篠原選手/パラスフィッシングGS/鹿内CP
 前回3位入賞&最多C&R賞の篠原選手。最近はキハダ狙いにご執心の様子で、シーバスのことなんて眼中にない素振りをみせているが、それはブラフか!? 安定した成績を収めているが、やはり狙うのは優勝のみ。朝寝坊が最大の敵か。鹿内キャプテンのモチベーションは高く、プロフェッショナルとして勝利を目指す。




No.8/チームマンティスH/浜口選手//ザ・シーマン/金子CP
 すでにYFTの古豪となってきた浜口選手、今回はベテラン金子キャプテンのザ・シーマンに乗船しての参戦。「あと1回優勝したい!」というのが浜口選手の口ぐせだが、その1回がなかなか叶わない。今回の秘策はあるのか?それともないのか? 運をたぐりよせて必勝を誓う。




No.9/サーディンズ/岩本選手/佐藤選手/ジョーズ/伊藤CP
 岩本選手は第6回YFTの優勝者で、海外経験も豊富なベテラン。今回は初参加の佐藤選手とコンビを組んでの参戦。乗船するのは磯子湾を得意とするジョーズの伊藤キャプテン。どんな作戦を展開するか、未知数ながら興味深いチーム。




No.10/漆山男塾/山本選手/藤代選手/ベイファイター/宇田川CP
 YFTの古豪、山本選手と藤代選手。二人とも競技経験が豊富なので、大会はお手の物。当日はベテランならではの引き出しの数で勝負か? ボートを操るのは、最近フライにお熱のベイファイターの宇田川キャプテン。見事、優勝魚を引き出せるか!?




No.11/KKFFC/北川選手/金選手//ベイハムスター/長谷川CP
 ベイハムスター軍団の核となるのは、同じ会社の釣りクラブに所属する北川選手と金選手。いずれもYFT初参戦だが、ベイハムスター長谷川キャプテンに鍛えられた秘蔵っ子との噂。しかも北川選手はYFT史上初の女性選手。YFTの男性選手は紳士(?)ばかりだけれど、勝負と性別は関係なし!? 急遽レディス部門を設けるかどうか、事務局も困惑中。長谷川キャプテン、どうしましょ?(笑)




No.12/HKアングラーズ/唐沢選手/林選手/トレードウィンズ/池田CP
 エントリーのラストを飾るのはYFT古参の唐沢選手と初参加の林選手。秋のベストシーズンだけにあらゆるメソッドうを駆使して、最大魚を狙う作戦か? トレードウインズは川崎の名門シーバスボート。池田キャプテンの的確なガイドで優勝を狙う。




(エントリーNo.は受付順です)





エントリー選手は合計21名、
参加ボートは12艇となりました。



第13回YFTのエントリー受付は終了しました






 ここで緊急ニュースです。
 9月30日(日)の第13回YFTの様子がフライ専門誌に掲載される予定です。
 当日は事務局が取材させていただきますので、お楽しみに!
 また、競技中の写真(ブツ持ちやファイト中など)を撮影していただけると幸いです。写真は後日、YFT事務局でまとめて出版社に送付します。
 ご協力、よろしくお願いいたします。







 エントリー用紙をお送りいただいた方には、順次受付完了のお知らせ(電話かメール)を差し上げております。提出したのに受付完了のお知らせが来ない!という場合はお手数ですが、大会委員もしくは事務局までご連絡下さい。

 ご質問、お問い合わせは、YFT実行委員へ直接お聞きになるか、もしくは事務局へメール(yokohamabay2007@excite.co.jp)にてご連絡下さい。

■YFT実行委員 連絡先
シークロ 岡本船長ベイハムスター 長谷川船長ストライカー 柿澤船長


※次回更新は10月1日予定です。
--------------------------------------------------------------------------------

(C)2005〜2007 YFT実行委員会
[PR]
by yokohamabay2007 | 2007-09-25 18:54 | 最新ニュース

第13回YFTエントリー速報 (Part3)

 では9月22日(土)現在のエントリーリストをお知らせします。
(エントリーNo./選手名(1名もしくは2名)/チーム名/乗船ボート名の順になっています)


No.1/加藤裕史/山本出/Salt Striker/ストライカー

No.2/佐藤和弘/宮崎伸行/ラストボイル/ベイワイズ

No.3/小宮信一/中林保治/コミヤ&ナカバヤシ/アイランドクルーズFC

No.4/福嶋吉隆/プレアデス/プレアデス

No.5/秋津賢太郎/山之井大介/Stripping Strike/シークロ

No.6/岩井渓一郎/久保和彦/Team I.B.S/ピーズ

No.7/篠原学/チームマンティスS/パラスフィッシングガイドサービス

No.8/浜口甲一/チームマンティスH/ザ・シーマン

No.9/岩本洋/佐藤整弘/サーディンズ/ジョーズ

No.10/山本泰/藤代守一/漆山男塾/ベイファイター

No.11/北川真理/金起成/KKFFC/ベイハムスター

No.12/唐沢毅/林孝次/HKアングラーズ/トレードウィンズ


※現在、21名、12艇のエントリーとなっています。



エントリー締め切りは本日中です。出場希望の方は大至急、エントリー受付をお願いします!

※1艇2名以上で参加される場合、エントリー用紙は1枚でOKですが、審査用紙は選手1人に1枚必要となります。ご注意下さい。

 なお選手の皆様には、今一度「競技ルール」をご確認、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

エントリーは9月23日(日)までです。

※次回更新は9月25日予定です。
--------------------------------------------------------------------------------

(C)2005~2007 YFT実行委員会
[PR]
by yokohamabay2007 | 2007-09-23 18:04 | 最新ニュース

第13回YFT エントリー速報 (part2)

 皆さま、こんにちは。本日は9月30日(日)に開催される第13回YFTのエントリーリストを発表します。エントリー締切は9月23日(日)ですが、続々とエントリーが寄せられており、すでに参加ボートは8艇に達しています。このままいくと10艇越えは確実と思われます。
 さて、今大会では一体どんなドラマが待っているのでしょうか? 

f0140384_1140381.jpg
 大会終了後には互いの健闘を讃えながら(!?)情報交換。海のフライフィッシャーマンとして貴重な経験が出来るのもYFTの大きな魅力です。
 YFTの雰囲気を味わってみたい、どんなことやってるんだろう……とお思いの方、競技終了後の親睦会(昼食会)への参加も歓迎します!(飲食代は実費負担でお願いします)



 では9月19日現在のエントリーリストをお知らせします。
(エントリーNo./選手名(1名もしくは2名)/チーム名/乗船ボート名の順になっています)


No.1/加藤裕史/山本出/Salt Striker/ストライカー

No.2/佐藤和弘/宮崎伸行/ラストボイル/ベイワイズ

No.3/小宮信一/中林保治/コミヤ&ナカバヤシ/アイランドクルーズFC

No.4/福嶋吉隆/プレアデス/プレアデス

No.5/秋津賢太郎/山之井大介/Stripping Strike/シークロ

No.6/岩井渓一郎/久保和彦/Team I.B.S/ピーズ

No.7/篠原学/チームマンティスS/パラスフィッシングガイドサービス

No.8/浜口甲一/チームマンティスH/ザ・シーマン


エントリー締め切りまであと数日に迫ってきました。出場希望の方は至急、エントリー受付をお願いします!

※1艇2名以上で参加される場合、エントリー用紙は1枚でOKですが、審査用紙は選手1人に1枚必要となります。ご注意下さい。

 なお選手の皆様には、今一度「競技ルール」をご確認、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

エントリーは9月23日(日)までです。




各用紙はPDFファイルとなっています。
それぞれダウンロードした後、プリントアウトしてご利用下さい。


エントリー用紙、審査用紙のダウンロードは↓からどうぞ



*********************************************


■エントリー用紙ダウンロード(PDFファイル)


■審査用紙ダウンロード(PDFファイル)


*********************************************



※エントリー用紙はダウンロード後、必ず記入のうえ、事務局へFAXしてください。受信後、事務局からエントリー受付完了の連絡が入りますので、その時点でエントリー完了となります。
 エントリー用紙の提出がない場合はエントリー受付できません。また受付期間中であっても、参加選手が25名に達した時点で締め切らせていただきます。何卒よろしくお願いします。


 エントリー用紙をお送りいただいた方には、順次受付完了のお知らせ(電話かメール)を差し上げております。提出したのに受付完了のお知らせが来ない!という場合はお手数ですが、大会委員もしくは事務局までご連絡下さい。




 ご質問、お問い合わせは、YFT実行委員へ直接お聞きになるか、もしくは事務局へメール(yokohamabay2007@excite.co.jp)にてご連絡下さい。

■YFT実行委員 連絡先
シークロ 岡本船長ベイハムスター 長谷川船長ストライカー 柿澤船長

※次回更新は9月22日予定です。
--------------------------------------------------------------------------------

(C)2005~2007 YFT実行委員会
[PR]
by yokohamabay2007 | 2007-09-19 11:29 | 最新ニュース

第13回YFTのエントリーリスト発表

 皆さま、こんにちは。本日は今月末に開催される第13回YFTのエントリーリストを発表したいと思います。エントリー締切は9月23日(日)ですが、続々とエントリーが寄せられています。



エントリーNo./選手名(1名もしくは2名)/チーム名/乗船ボート名
の順になっています。

No.1/加藤裕史/山本出/Salt Striker/ストライカー
No.2/佐藤和弘/宮崎伸行/ラストボイル/ベイワイズ
No.3/小宮信一/中林保治/コミヤ&ナカバヤシ/アイランドクルーズFC
No.4/福嶋吉隆/プレアデス/プレアデス


 これから締め切りまでの約1週間で、さらに選手、ボート数とも増えると思われます。ご期待下さい。

参加予定選手の皆さん、エントリーはお早めにどうぞ。


※1艇2名以上で参加される場合、エントリー用紙は1枚でOKですが、審査用紙は選手1人に1枚必要となります。ご注意下さい。

 なお選手の皆様には、今一度「競技ルール」をご確認、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

エントリーは9月23日(日)まで

各用紙はPDFファイルとなっています。
それぞれダウンロードした後、プリントアウトしてご利用下さい。


エントリー用紙、審査用紙のダウンロードは↓からどうぞ
*********************************************

■エントリー用紙ダウンロード(PDFファイル)

■審査用紙ダウンロード(PDFファイル)

*********************************************

※エントリー用紙はダウンロード後、必ず記入のうえ、事務局へFAXしてください。受信後、事務局からエントリー受付完了の連絡が入りますので、その時点でエントリー完了となります。
 エントリー用紙の提出がない場合はエントリー受付できません。また受付期間中であっても、参加選手が25名に達した時点で締め切らせていただきます。何卒よろしくお願いします。


 エントリー用紙をお送りいただいた方には、順次受付完了のお知らせ(電話かメール)を差し上げております。提出したのに受付完了のお知らせが来ない!という場合はお手数ですが、大会委員もしくは事務局までご連絡下さい。


 ご質問、お問い合わせは、YFT実行委員へ直接お聞きになるか、もしくは事務局へメール(yokohamabay2007@excite.co.jp)にてご連絡下さい。

■YFT実行委員 連絡先
シークロ 岡本船長ベイハムスター 長谷川船長ストライカー 柿澤船長

※次回更新は9月21日予定です。
--------------------------------------------------------------------------------

(C)2005~2007 YFT実行委員会
[PR]
by yokohamabay2007 | 2007-09-15 18:50 | 最新ニュース

第13回YFT エントリー用紙ダウンロード開始

 第13回YFTのエントリー受付が開始されました。

 9月6日現在、エントリーが予想される選手およびガイドボート数は、前回に並ぶ20人超、10艇前後となっています。大会当日は熱戦が繰り広げられることは間違いないでしょう。
 昨日もお伝えしましたが、今回からエントリー方法はFAXのみとなります。エントリー用紙のダウンロードは本日より可能となっていますので、出場が決まっている選手の皆様は、エントリー手続きをお願いします。






エントリー手順は

①大会当日のボートを予約する
  ↓
②エントリー用紙をダウンロードし、プリントアウト。各項目を記入する
  ↓
③エントリー用紙を事務局へFAXする
  ↓
④エントリー受付完了の返事が来る
  ↓
⑤審査用紙(大会当日に使用します)をダウンロードし、プリントアウトしておく
  ↓
⑥大会に向けて色々頑張る
  ↓
⑦大会当日!

という具合になります。







※1艇2名以上で参加される場合、エントリー用紙は1枚でOKですが、審査用紙は選手1人に1枚必要となります。ご注意下さい。

 なお選手の皆様には、今一度「競技ルール」をご確認、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

エントリーは9月23日(日)まで

各用紙はPDFファイルとなっています。
それぞれダウンロードした後、プリントアウトしてご利用下さい。


エントリー用紙、審査用紙のダウンロードは↓からどうぞ
*********************************************

■エントリー用紙ダウンロード(PDFファイル)

■審査用紙ダウンロード(PDFファイル)

*********************************************

※エントリー用紙はダウンロード後、必ず記入のうえ、事務局へFAXしてください。受信後、事務局からエントリー受付完了の連絡が入りますので、その時点でエントリー完了となります。
 エントリー用紙の提出がない場合はエントリー受付できません。また受付期間中であっても、参加選手が25名に達した時点で締め切らせていただきます。何卒よろしくお願いします。


 エントリー用紙をお送りいただいた方には、順次受付完了のお知らせ(電話かメール)を差し上げております。提出したのに受付完了のお知らせが来ない!という場合はお手数ですが、大会委員もしくは事務局までご連絡下さい。


 ご質問、お問い合わせは、YFT実行委員へ直接お聞きになるか、もしくは事務局へメール(yokohamabay2007@excite.co.jp)にてご連絡下さい。

■YFT実行委員 連絡先
シークロ 岡本船長ベイハムスター 長谷川船長ストライカー 柿澤船長

※次回更新は9月14日予定です。
--------------------------------------------------------------------------------

(C)2005~2007 YFT実行委員会
[PR]
by yokohamabay2007 | 2007-09-06 14:25 | 最新ニュース

YFT運営事務局からお知らせ

 皆様こんにちは。第13回YFTの開催まで1ヶ月をきりました。本日は次回YFTに向けていくつか告知があるのでお知らせします。



■エントリー受付窓口の一本化について

 前回のYFTでは従来のFAXに加え、電子メールでのエントリー受付を試験的に行いましたが、第13回からは従来どおり、FAXによるエントリー受付のみとさせていただきます。
 またこれに伴い、FAX番号が変更になります。新しいFAX番号はエントリー用紙に明記してありますので、ご参照下さい。



■エントリー用紙の記入と送信について

 第13回大会よりエントリー用紙のフォーマットが若干変更になっています。具体的には大会の回数、日付が空欄になっていますので、参加選手の皆様でご記入下さい。
 エントリーシートの受付は上記にありますようにFAXのみとなりますが、FAX受信の順番でエントリー順とします。FAXはストライカー・柿澤CPの自宅FAXですので、深夜や早朝などの送信は避け、常識的な時間内にお願いします。



■エントリー用紙と審査用紙のダウンロードについて

 エントリー用紙、審査用紙(C&Rしたシーバスの叉長を書き込む用紙)は、公式ブログ上からダウンロードできるように調整中です。近日中に調整を終えますので、しばしお待ち下さい。
 各用紙は参加選手ご自身がダウンロードしてご利用下さい。



■エントリー人数の上限について

 参加選手の皆様、ボートキャプテンの皆様のご助力により、最近のYFTは出場選手数、ボート数ともに増え続けています。第13回大会もすでに10艇前後の出場が予想され、事務局一同、海のフライフィッシングが盛り上がりを感じている次第です。これは大変喜ばしいことですが、安全かつ公正な大会運営を考えた場合、エントリーの増加が招くデメリットもあります。そのため暫定的ではありますが、YFTのエントリー数は25名を上限とすることを定めました(最後のエントリーが2名1組の場合は26名)。これにより、第13回大会よりエントリーが25名を満たした時点で受付終了となります。ご注意下さい。
 また従来は全艇同時だったスタートも、前回から安全性を考慮して3艇ずつの分割スタートに変更しています。安全な大会を行うための措置ですので、ご理解いただけますようお願いいたします。



■ルールの徹底について

 これも参加選手の増加に起因することですが、ルールの徹底をお願いします。YFTはスポーツフィッシングの競技ですので、ルールを遵守していただくことが大前提となっています。ライフジャケット等の着用はもちろんですが、バーブレスフックの使用、C&Rなどを守っていただけるようお願いします。
 またこれまで不明瞭だった部分のルールをYFT委員会で協議検討した結果、以下のように決定しましたのでお知らせします。


①フックについて

バーブレスのシングルフックのみ使用可(タンデムフック、ダブルフック、トリプルフックはバーブレスでも使用不可。失格対象となります)。フック形状、大きさ、材質は不問です。


②プラクティスの時間

大会前日23時59分までのプラクティスは可。大会当日(0時~)のプラクティスは不可。これにより大会スタート直前のプラは禁止となります。ご注意下さい。
※各ガイドボートの選手以外を乗せた営業出船はこの限りではありません。


③電話等による情報交換

競技時間中の携帯電話等による情報交換は、選手、ボートキャプテンともに禁止とします。これは各選手間の公平さを保つための措置です。ただし緊急時や危険回避の連絡はこの限りではありません。


④選手以外のタックル使用について

ルールにも記載済みですが、選手以外のタックルの使用は禁止されています。キャプテンや観戦者によるフライ・ルアーでのチェック行為やティージング、チャミング行為はすべて禁止です。場合によっては「失格」となりますので、くれぐれもご注意ください。


⑤帽子、めがね着用のお願い

これはルールではありませんが、怪我防止のためにも帽子、めがねの着用をお願いします。




以上、ご理解くださいますよう重ねてお願い申し上げます。



--------------------------------------------------------------------------------

(C)2005~2007 YFT実行委員会
[PR]
by yokohamabay2007 | 2007-09-05 14:10 | 実行委員会から


横浜で開催されているフライフィッシングの大会、『横浜ベイ・フライフィッシングトーナメント(YFT)』の公式ブログです。


by yokohamabay2007

プロフィールを見る
画像一覧

YFT公式ブログについて

皆様ようこそいらっしゃいました。
 このブログは横浜の海で開催されているフライフィッシングの大会『横浜ベイ・フライフィッシングトーナメント』(略称:YFT)の公式ブログです。
 ここではYFTの開催告知や結果報告、関連ニュースなどをお届けしていきます。
 参加選手、ボートキャプテン、参加希望者の皆様に役立てていただければ幸いです。

2007年6月11日から更新を開始しました。
【協賛企業様リンク】

[横浜サンスイ]
[川崎サンスイ]
[ハーミット]
[ループ トゥ ループ]
[マーヴェリック]
[C&Fデザイン]
[タイクーン]
[フレンドマリンサービス]
[フライフィッシャー]
[ティムコ]
[新宿サンスイ]
[池袋サンスイ]
[フライショップ ロックス]
(順不同)


【大会参加ガイドボート】
[シークロ](8win)
[パラスF.G.S.](5win)
[ベイハムスター](4win)
[ストライカー](3 win)
[アルテミス](2win)
[ジョーズ](1win)
[ICFC](1win)
[オーシャンマスター](1win)
[シーホース](1win)
[ピーズ](1win)
[ブラックプラチナ](1win)
[ベイファイター]
[プレアデス]
[リアル]
[ザ・シーマン]
[ベイワイズ]
(順不同)

カテゴリ

最新ニュース
大会ルール
年間スケジュール
結果発表
大会レポート
実行委員会から

以前の記事

2011年 11月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧