第30回YFT 結果発表

 あまりに多くの出来事がありすぎた2011年も終わりにさしかかってきました。あらためて3月の東関東大震災で被害に遭われた方々には、謹んでお見舞い申し上げます。

 昨年までは年間5戦開催としてきたYFTも、今年は震災の影響等もあり春から夏の期間、大会開催を自粛させていただきました。ただ何か形を変えて大会を開催して欲しいという声をいただき、今回特別に2日間という形で2011年のYFTを開催させていただきました。

 第30回という記念であり、節目の大会。秋というには冷たすぎる雨と、真冬のような澄み潮というタフな条件が重なりましたが、それでも10名のソルトウォーターフライフィッシャーマン達が海上で火花を散らしました。
 過去29回の大会を思い出してみても、大会になるとなぜか厳しい条件ばかりのような気もします。これは横浜の海の女神のいたずらか、YFTらしい展開というべきか。しかし実力者は確実に結果を残してきました。今大会も同様に、少ないチャンスを確実にモノにしていくYFTらしい戦いが繰り広げられました。



 それでは順位の発表です。






第1位
篠原選手(チーム・パラスF.G.S./パラスF.G.S.乗船)
f0140384_1261932.jpg

叉長68.5cm

※全長71.5cm(参考記録)
ヒットフライはクラウザーミノー(写真提供/パラスF.G.S.)


 1日目で好反応だったポイントが2日目には入れず、潮位や流れを考えて「この辺りにいるはず……」と選んだポイントでシンキングラインを引っ張ると、40cm~60cmクラスがコンスタントにヒット。シーバスが食ってくるレンジとリトリーブにコツが必要で、テクニカルで非常に面白い釣りだったそうです。
 そして一度船べりまで来てUターンしたビッグワンに、すぐさまキャストを入れ直すと・・・…ドスン!! 堂々の70UPで優勝を決めました。これで篠原選手はT.B.S.F.T.の春、秋連覇、YFT優勝と、2011年に東京湾で開催されたフライフィッシングトーナメントを総ナメする結果に。ハマのプリンスと呼ばれた彼ですが、今後はキングと呼ばれることでしょう。おめでとうございます!







第2位
鹿内選手(チーム・パラスF.G.S./パラスF.G.S.乗船)
f0140384_12204350.jpg

叉長61.5cm

※全長64.0cm(参考記録)
ヒットフライはクラウザーミノー(写真提供/パラスF.G.S.)


 優勝した篠原選手の前日、多摩川河口で引き倒す作戦だったという鹿内選手。しかし多摩川へ向かう途中で、閃いたあるポイントで探りを入れると、これが超高活性! 釣って、計測して、写真を撮って、操船して……と1人4役の大立ち回り。
 ここでのアベレージは40~50cm。1匹の最大叉長で競うには少し心細いため、一発大物に方向転換したくなるもの。しかし、鹿内選手は根っからのトーナメンター気質(?)ということもあって、モチベーションを高くキープして64.0cmを引きずり出した!
 惜しくも優勝には届かなかったものの、今大会で魚が一番見えていたのはパラスチームであり、1-2フィニッシュ、チーム優勝、最多C&R賞といった各賞を獲得できたのは、鹿内選手の日頃のたゆまぬ努力があってのことでしょう。おめでとうございます!








第3位
中林選手(チーム・ストライカー/ストライカー乗船)
f0140384_12351629.jpg

叉長61.0cm

ヒットフライはデシーバー(写真提供/ストライカー)


 チーム・パラスの完全制覇を阻止した中林選手。2位の鹿内選手とはわずか0.5cm差という大接戦。優勝を飾ってもおかしくない立派なサイズでしたが……残念!




最多C&R賞
篠原選手(チーム・パラスF.G.S./パラスF.G.S.乗船)

13匹

 篠原選手は優勝魚を含めて13匹をC&Rし、ダントツの成績。当日の海のコンディションを考えれば、快挙といってもいいかもしれません。できればこのまま澄み潮マスターへの道を進んでいただきたいものです。



チーム賞

チーム・パラスF.G.S.
188.5ポイント

※チーム内でC&Rした中から最大3匹の合計叉長:68.0cm、61.5cm、59.0cm。


※大会参加選手10名、参加ボート3艇。
f0140384_133897.jpg
 今回優勝者された篠原選手には、フライ・ルアーの釣り雑誌をはじめ、旅行誌、料理誌で活躍されている、時川真一さんによるYFTをイメージしたイラスト(オリジナル一品モノ!!)がプレゼントされました。時川さん、ありがとうございました!
(写真提供/ストライカー)




【総評】
 2011年のYFTは開催スケジュール発表の遅れ、日程変更等でご迷惑をおかけしました。まずはお詫び申し上げます。

 横浜発のシーバス・フライフィッシングの大会としてスタートしたYFTですが、これまで参加していただいた皆様のご協力により、本大会の開催趣旨である●海のフライフィッシング仲間同士、大いに競い、大いに楽しもう!●エントリーしやすい大会を行う●ソルトウォーター・フライフィッシングの認知度向上●海洋環境保護、ならびにキャッチ&リリースの啓蒙活動推進という、当初の目的のうちいくつかは達成できたように思います。

 今回の第30回大会をもって、YFTはいったん終了します。2012年以降の開催については、今のところ未定ですが、また何らかの形でシーバス・フライフィッシングの大会が開催されるよう願っています(新たな大会が開催される場合は、またお知らせします)。



 今回入賞された選手の皆様、また今回惜しくも入賞できなかった、ボートキャプテンの皆様、お疲れ様でした。そして今までYFTにご参加、応援していただいた皆様、ありがとうございました。




◇今回ご協賛いただいたスポンサー様◇
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活
大海原とフライロッド




--------------------------------------------------------------------------------

(C)2005〜2011 YFT実行委員会
[PR]
by yokohamabay2007 | 2011-11-18 12:59 | 結果発表


横浜で開催されているフライフィッシングの大会、『横浜ベイ・フライフィッシングトーナメント(YFT)』の公式ブログです。


by yokohamabay2007

プロフィールを見る
画像一覧

YFT公式ブログについて

皆様ようこそいらっしゃいました。
 このブログは横浜の海で開催されているフライフィッシングの大会『横浜ベイ・フライフィッシングトーナメント』(略称:YFT)の公式ブログです。
 ここではYFTの開催告知や結果報告、関連ニュースなどをお届けしていきます。
 参加選手、ボートキャプテン、参加希望者の皆様に役立てていただければ幸いです。

2007年6月11日から更新を開始しました。
【協賛企業様リンク】

[横浜サンスイ]
[川崎サンスイ]
[ハーミット]
[ループ トゥ ループ]
[マーヴェリック]
[C&Fデザイン]
[タイクーン]
[フレンドマリンサービス]
[フライフィッシャー]
[ティムコ]
[新宿サンスイ]
[池袋サンスイ]
[フライショップ ロックス]
(順不同)


【大会参加ガイドボート】
[シークロ](8win)
[パラスF.G.S.](5win)
[ベイハムスター](4win)
[ストライカー](3 win)
[アルテミス](2win)
[ジョーズ](1win)
[ICFC](1win)
[オーシャンマスター](1win)
[シーホース](1win)
[ピーズ](1win)
[ブラックプラチナ](1win)
[ベイファイター]
[プレアデス]
[リアル]
[ザ・シーマン]
[ベイワイズ]
(順不同)

カテゴリ

最新ニュース
大会ルール
年間スケジュール
結果発表
大会レポート
実行委員会から

以前の記事

2011年 11月
2011年 07月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧